Portugalポルトガル

ポルトガルの基本情報

ヨーロッパ最西端の地

ポルトガルは、面積が日本の4分の1ほど(約9.2万m2)の小さな国です。
人口は約1,029万人で、日本の人口の12分の1ほどです。

ワイン生産量は世界第11位

輸出量は世界第10位。
栽培されているブドウ品種はなんと350種!(認定品種は250種)

一人当たりの年間ワイン消費量が世界一

ポルトガル国内での一人あたりの年間ワイン消費量は54Lで世界一!
(ちなみに日本の一人当たりの年間ワイン消費量は3.7L)

魚と米が大好き

世界で日本に次ぐ魚食大国であり、魚が大好きな国。
魚だけではなく、ヨーロッパでダントツの米食大国でもあります。

日本との深いつながり

15~16世紀の、もっとも繁栄した大航海時代に、種子島へポルトガル船が漂着。これをきっかけに始まった南蛮貿易は、日本の文化に大きな影響を与えました。「パン」「テンプラ」などもポルトガル語が語源となっている食べ物です。

ポルトガル料理と
ポルトガルワイン

長い海岸線で大西洋に面するポルトガルには、近海の新鮮な魚介類を使った料理が多く、日本人の味覚によく合います。
バカリャウ(塩漬けの干しダラ)やタコ、炊き込みご飯、リゾットのような米の料理が多いことも魅力のひとつ。

そんな料理に欠かせないのがポルトガルワイン。
料理にぴったり寄り添うポルトガルワインは日本食にも合わせやすいのが特徴です。

  • イワシの塩焼き
  • 魚介のカタプラーナ
  • 鴨ご飯
  • バカリャウ(干しダラ)のコロッケ
  • エスペターダ
  • カルド・ヴェルデ

日本料理にも合わせやすく美味しいポルトガルワイン。
そんなポルトガルワインの特徴と主な生産地についてご紹介いたします。

ポルトガルワインについて詳しく見る